ランディングページ

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコンテンツとは言えません。やはり、販売専用のコンテンツであるランディングページをいかに効果的なものに作り込むかが大きなポイントとなります。そこで推奨したいのが、今話題のHPとコーディングをくまなくチェックすることです。当然、販売したい商品のジャンルが異なれば、ランディングページの作り方やキャッチコピーも変わってきますが、反応の高いランディングページをチェックすることで、必ず自サイトに応用できる部分が見つかります。つまり、「気づく」ことこそが、反応率の高いランディングページを制作するための第1歩だといっても過言ではないのです。

本をテーマとしたランディングページを見かけることが多くなりました。インターネットやスマートフォンの普及により、活字離れが激しくなっており、本を読まない人が増えています。そこで、少しでも本の良さを知ってもらおうという想いから、ランディングページを通じて、おすすめの本を紹介しようというのが趣旨ですが、非常に難しい案件であることは間違いありません。確かに、紙に書かれた活字を見ない人が急増していますが、そういった人々に対して、本の良さを知ってもらうことは、非常にハードルの高い案件となります。普段、活字を読んでいない人の訴えかけるのですから、活字を読む必然性を知ってもらうことが重要となりますが、そのためにはキャッチコピーやコーディングも大切です。

そこで、おすすめの本を紹介するためのランディングページを作成する際には、まず、属性を絞込みます。普段忙しくて読めない人をターゲットとするのであれば、ランディングページは短めにして、話題となっている作家に特化し、ランキング形式で紹介するのがおすすめです。何事もランキング形式にすれば、興味をひきやすい傾向にありますし、さらに動画などを交えるとWEBページそのものを楽しんでもらえますし、特に上位にランキングされたものは「読みたい」と思われる可能性は高いので、チャレンジする価値は十分にあると思われます。また、サイトの外観については、話題のLPをチェックしてコーディングを真似るだけでも大きな改善となりますから、集客力が向上する可能性も大いにあります。大切なのは、他人のサイトをチェックしながら良いと思われるものについては積極的に取り入れることです。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要 …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

ランディングページとマルウェアの危険性について

ランディングページはポータルサイトでキーワード検索をかけた際にヒットしたページから訪問者が最初に訪れるページを指し、トップページとは限らないものです。最初に着地するという意味を持ち通常これを略してLP …

ホテル業界におけるランディングページの制作方法

様々な商品やサービスがネット上で取り引きできるようになりました。中でもホテル業界は、早い段階でネット上で宿泊予約ができるようになっていましたし、比較サイトも充実していますので、ネット抜きには考えられな …

CVが変わるようにランディングページのマークアップを行う

ランディングページは、企業が商品やサービスを消費者に売り込みたい時に活用する事が多いWebメディアです。このランディングページを使って集客を行うには、コンテンツの質を向上させてSEO対策を十分に行うと …