ランディングページ

ランディングページの見積もりの基準を知っておこう

ホームページの執筆を専門の会社に依頼する場合には、そのための見積もりをきちんととってもらわなくてはいけません。見積りは、それぞれのプランによって大きく異なるため、目的に応じた見積りを出してもらうことが重要です。では、どのような基準でランディングページの見積もりは決まるのでしょうか。基本的な前提としては、ランディングページに必要な情報量によって決まります。例えば、ランディングページを作成したいと考えてはいるものの、どのような内容やデザインにするのかを全く考えていない場合には、その内容も専門の会社に考えてもらわなくてはいけません。当然ですが、この場合にはそのための料金を支払う必要があります。

大半の会社は、大きな枠組みとしてプランが提供されていて、そのプランを利用することでだいたいのランディングページのひな型を作ることができます。しかし、さらに詳細なページを作っていきたいと考える場合には、オプションとして様々なサービスを付加していかなくてはいけません。例えば、パソコン向けのサイトとスマートフォン向けのサイトでは仕様が全く異なるため、それぞれのサービスできちんとページを閲覧するようにしてもらいたいときには相応のオプションが必要になります。また、記事の内容によっても大きく異なります。ランディングページは、普通のサイトと異なって商品やサービスそのものの説明や概要が長くなる傾向があるため、記事執筆の分量も大きくなります。視覚的には、ページを縦に長く作っていく設計になりますので、ユーザーを誘致して商品やサービスを購入してもらうための魅力的な記事を執筆してもらう必要性があります。

そして、実際に見積もりを出してもらうときには事前に出してもらうことが重要です。内訳をすべて出してもらって、後から費用がさらに追加的に必要になるなどの面倒なことにならないように注意をしておきましょう。上記で述べたように、ランディングページの依頼は基本的にオプションの追加によってどんどん多くしていくことができます。最初に大きな目的があればその目的に従ってサイトを作っていくことができますが、それがないと後から費用だけがどんどん大きくなってしまい、逆効果になります。実際に、デザインの修正などは後からでもオプションで出来るのでそれが仇になってどんどん費用を追加してしまうこともあります。そうならないように、ランディングページには一般的なテンプレートの製作プランもありますので、何が必要なのかを入念に事前にチェックしておくことです。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要 …

人の目に留まるランディングページを漫画で

企業が自社の製品やサービスをアピールする上で、近年多くの企業が取り入れているマーケティング施策がランディングページです。インターネットなどを閲覧する際、サイトをクリックすることで広告が表示されるかと思 …

マンションに係るランディングページの作成方法

最近では、「ネットで販売できないものはない」と言われるくらい、様々な商品、サービスなどがネット上で取引されています。また、ネットが深く浸透したことにより、ホームページを持たない企業は信頼されないといっ …

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコン …

ランディングページで検索キーワードの情報をまとめる

ひとつの内容に対して解決への糸口がいくつかあり、それに対してのリンクが用意されていると、それを検索しているユーザーにとって、その情報は非常に魅力の高いものだといえます。効果的なランディングページは同じ …