ランディングページ

ランディングページを漫画で作成する場合の料金等

ランディングページとは、リスティング広告やホームページのバナーにある広告等をクリックした際に表示されるWEBページのことをいいます。物販等を行う会社を例として考えると、その会社からものを購入しようとした場合にはその会社のホームページへ行って購入すればよいと思われます。しかし、ホームページは購入のみの目的で訪れるわけではなく様々な目的で閲覧する人がいるので、その様々な目的に応じた情報を網羅的に掲載しなければならない必要性にせまられます。その結果、物販等という目的が散逸したWEBページとならざるを得ないため、このWEBページを訪れてもきちんと読んで購入というコンバージョンに至る成約率が低いものとならざるを得ません。そこで、物販等購入という目的の広告から当該会社のWEBページに訪れる人向けに、物販購入に特化した情報のみを載せたWEBページを作成し、広告をクリックした人はそのページに誘導し、情報を閲覧してもらい購入を促進し、成約率を高める目的でランディングページを作成するのです。

このランディングページは、物販等購入といった特定の目的を持った閲覧者に対し情報を1枚のページに集約化するということを行います。このランディングページの作成のフォーマットやどのような情報、写真をそのページに載せるかは基本的に自由なので当該会社のホームページを作る会社の方針で決めることができます。このどのような情報を載せるかとう点について、成約率の向上に役立っているといわれるのが漫画のランディングページを作ることです。まず、特定の目的をもった人が訪れるランディングページといっても文字で難しいことが書かれていると読む気が失せて、結果購入せず成約率が上がらないという結果を招きます。このページにおいてはファーストインプレッションで訴求力があり、かつ理解させるツールが必要であり、その手段として漫画が用いられることがあるのです。実際に成約率がアップしている会社もあります。しかし、どのように漫画を書けば訴求できるかというのはもはや専門領域になりますので、結果が出るHP制作と執筆代行を行う業者に依頼するのがよいでしょう。

その際の漫画の料金ですが、相場としては10万円程度から作成してくれる業者があるようです。実際の料金は業者と話合って詳細を決めて見積もりをとる必要があります。また、ABテストまで合わせて請け負ってくれる業者もあるのでランディングページを変えてみることの成果を併せて検証したい場合は、そのような業者にお願いし、より成約率の高まるページへと仕上げていくとよいでしょう。

-ランディングページ

関連記事

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …

人の目に留まるランディングページを漫画で

企業が自社の製品やサービスをアピールする上で、近年多くの企業が取り入れているマーケティング施策がランディングページです。インターネットなどを閲覧する際、サイトをクリックすることで広告が表示されるかと思 …

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコン …

ランディングページとマルウェアの危険性について

ランディングページはポータルサイトでキーワード検索をかけた際にヒットしたページから訪問者が最初に訪れるページを指し、トップページとは限らないものです。最初に着地するという意味を持ち通常これを略してLP …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …