ランディングページ

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ランディングページと呼ばれる、集客や成約を目的としたWEBサイトが注目を集めています。このWEBサイトは、ホームページとは異なり、情報量よりも一つの商品やサービスに特化した情報のみが求められています。そのため、構成は至ってシンプルであり、1カラム1ページで製作されるのが一般的です。以前は業者に製作を依頼していましたが、近年、ワードプレスが普及したことによって、無料で製作することができるようになりましたが、業種やサービス内容によって構成も異なることから、簡単に成果が上がるものが製作できるものではありません。

最近、ランディングページを用いた集客方法を取り入れているのが法律士事務所です。長時間労働を原因とした健康被害や残業代の未払い、債務整理といった問題で苦しんでいる人が増えたことで、その需要が大きくなっていることがその理由ですが、一般的に法律事務所は多くの人々に敷居が高いといったイメージを持たれています。そこで、ランディングページを用いた集客方法が注目されているのですが、その構成は、まず現在抱えている問題を放置していると、どのような結果が想定されるのかを示し不安感を煽ります。そして、その問題を解決するためには法律事務所を利用することが得策であることを示すとともに、誰でも簡単に利用できることをアピールします。そして最後に無料相談などの案内をするといった流れになっています。

法律事務所のランディングページの特徴は、見込み客に不安感を与えるとともに、法律事務所は誰でも利用できるといった安心感を与えることで、利用に結びつける手法が取られていることです。このことをしっかりと理解しておかないと、通販のホームページの制作実績が豊富だったとしても、成果の上がるものが製作できるとは限りません。従って、ランディングページの製作を外注する場合には、通販の製作実績はもちろんとして、法律事務所のランディングページを手掛けた経験があるのかを確実に確認しておくことが大切です。ランディングページは、作り方一つで劇的にCVが変わりますから、業者選びは慎重に行うことが必須ですし、自前で制作する場合も法律事務所のランディングページをお手本にすることが大切です。

-ランディングページ

関連記事

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコン …

ランディングページの見積もりの基準を知っておこう

ホームページの執筆を専門の会社に依頼する場合には、そのための見積もりをきちんととってもらわなくてはいけません。見積りは、それぞれのプランによって大きく異なるため、目的に応じた見積りを出してもらうことが …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

マッサージクリームのランディングページ

ランディングページの効果を高めるためには訴えかけたいことを簡潔な表現で可視化することが必要となります。可視化する作業は実践するとなると意外に手間がかかります。例えば、商品のコンセプトがクレンジングも可 …

ランディングページのCVを高めるために学ぶこと

ランディングページで重要なのは、コンバージョン率であるCVをいかに高めるかということです。つまり、商品の購入や資料請求といったCVにつなげるためには、学ぶべきことが多くあります。そこでランディングペー …