ランディングページ

ランディングページをホームページビルダーで作る事は可能

ビジネスをするときは、クロージングが重要になります。特に、インターネットで行うビジネスは、相手方にこちらの顔が見えないため、文章や画像のみで勝負することになります。いわゆる勝負する場面で内容があまりにもお粗末であればお客さんは逃してしまうでしょう。逆に、魅力的な文章や画像、動画などがあれば多くのお客様を取り込むことができ、結果的にビジネスの成功につながります。クロージングをするページがいわゆるランディングページと呼ばれるものです。ランディングページの使い方は様々ですが、ホームページやブログからランディングページにリンクする方法と、広告を利用してそこからランディングページにリンクする方法があります。

ランディングページは、自分で作成することもできます。このとき、無料で作ことができるツールもありますが、それでは不十分と感じるならば、お金を出してホームページ作成ツールを利用するのが良いでしょう。通常ランディングページは1ページしかないものになりますので、ホームページ作成ツールで作る事は不可能ではありません。むしろ、ホームページを作るよりも楽にできるでしょう。有名なものにホームページビルダーがあります。ホームページビルダーはしっかりとした歴史があり、すでに利用者も相当数いるため、信頼ができると言えるでしょう。また、素人でも作りやすく、今までランディングページを作ったことがない人でも簡単に作り上げることが可能になります。このように、ホームページビルダーを使えば様々なランディングページを作ることができます。

もし、自分で制作する場合は、いくつか作っておくことも重要です。1つ作ってみても、それが必ずしもお客さんの心に響くかわからないからです。基本的に、お客さんはネガティブな人もいればポジティブな人もいます。ネガティブなページに反応する人もいればポジティブなページに反応する人もいますので、両方のタイプを作っておき、反応の良い方を中心に改良していくと良いでしょう。
ただ、自分で文章を作るのが苦手な人もいます。何度作っても、反応がない可能性もあるでしょう。その場合には、業者に作ってもらうことが重要になります。業者にお願いをするときは、すべて作ってもらうと10万円以上かかることがほとんどですが、かなりしっかりものが出来上がるため、お金がかかっても結果的にそれ以上のリターンになる可能性も高いです。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要 …

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコン …

上手いランディングページを真似するメリット

ランディングページは、商品を購入してもらうために作られます。情報を伝えきり、直帰されることを防ぐために、情報量が多く、縦に長い1枚のサイト構成になることが多いです。すでにある程度興味を示している人にた …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

ランディングページの見積もりの基準を知っておこう

ホームページの執筆を専門の会社に依頼する場合には、そのための見積もりをきちんととってもらわなくてはいけません。見積りは、それぞれのプランによって大きく異なるため、目的に応じた見積りを出してもらうことが …