ランディングページ

ランディングページで検索キーワードの情報をまとめる

ひとつの内容に対して解決への糸口がいくつかあり、それに対してのリンクが用意されていると、それを検索しているユーザーにとって、その情報は非常に魅力の高いものだといえます。効果的なランディングページは同じテーマでもいくつかの切り口でまとめられていると、閲覧者の考え方に柔軟性を持たせる可能性が期待できます。閲覧者は商品の情報を探す、サービスの詳細を探す、自分が探している情報の答えの選択肢をいくつか持ち合わせています。情報の選択は答え合わせのように、自分が出している答えに一致しているものを導き出す傾向にあります。答えは出ているのに答えを探すというのは、あと一押し背中を押してくれるに十分な説得力が欲しいわけです。

検索するキーワードで探している商品がまとめられたサイトがあるなら、多くの場合そのサイトひとつで解決するはずです。それでも閲覧者がそこで考えあぐねているなら、ランディングページとしては不十分で、なにがしか足りないものがあるはずです。キャッチコピーの効果は充分なのか、タイトルや見出しは適切化等、見た目のインパクトでページの効果は違ってきます。商品の画像や説明の配置や文字の大きさなどにメリハリが出ていれば、ページ全体も見やすくなります。購入ボタンや登録ボタンも適切な場所にあれば成約率にも影響してくるので、目立つだけではなくては一にも気配りが必要です。

適切なキーワード選びはアクセス解析などの像法から得られた結果を参考にして、訪れた閲覧者がどこからきてどんなキーワードでサイトを訪れたかを十分分析する必要があります。ランディングページに至る閲覧者の目的は、どのようなキーワードをもって訪問してきたかをしることで、目的がつかめ、効果のあるキーワードとそうでないものの区別がついてきます。コンバージョンにつながるキーワードを知ることで、ランディングページの内容を絞り込み、テーマを掘り下げていきます。目的をはっきりとさせることで閲覧者の認識率も高まり、成果につながる可能氏は高くなります。商品やサービスの更に信頼度を高めるためには、メディアへの露出度やユーザーの声など、口コミや評価なども確認できるようにすると、成約率の向上につながる可能性があります。更にページ自体のデザイン性を高めることで、目を引く安心感も生まれます。商品を目立たせるために地味なデザインにする方法もありますが、商品自体に地味な印象をもたれる可能性があるので、全体のバランスを考えたデザインを考慮する必要があります。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要 …

ランディングページを漫画で作成する場合の料金等

ランディングページとは、リスティング広告やホームページのバナーにある広告等をクリックした際に表示されるWEBページのことをいいます。物販等を行う会社を例として考えると、その会社からものを購入しようとし …

CVが変わるようにランディングページのマークアップを行う

ランディングページは、企業が商品やサービスを消費者に売り込みたい時に活用する事が多いWebメディアです。このランディングページを使って集客を行うには、コンテンツの質を向上させてSEO対策を十分に行うと …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …