ランディングページ

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要となります。これは単純にサイトへのアクセスを増やせば良いというわけではなく、成約につながるようなユーザーを集客する必要があることを意味します。マーケティングの方法として、まずサイトを訪問してからランディングページで何かしらのアクションを起こしたユーザーの行動を分析する手段が挙げられます。サイト内のどのようなコンテンツを回ったのかによって、ユーザーがどのような情報を求めたのかを特定できます。そこからどんな課題を抱えているのか、解決したい問題は何かを推測することにより、SEO対策で選定するキーワードを特定することができます。

またリスティング広告などでアクセスしたユーザーに関しても同様に、サイト内での分析を行うことで成約につながっているのか否かを判断できます。ここから成約につながるユーザー層を想定した広告を出したり、あるいはコンテンツの提供を行うことが可能になります。このようにユーザーを限定して集客することにより、ランディングページでのCV率を高めることができるわけです。またランディングページを作成する際には、そこに至るコンテンツとの連動性を十分に配慮することも必要となります。ランディングページでは新たな情報提供は行わないのが鉄則なので、必要な情報は事前に全て得られるようにすることが大切です。不明点が残ったままとなれば、他のサイトへ探しに行ってしまうことになります。

またマーケティングによってユーザー層を特定した後は、必要とする情報は効率良く探せるように内部リンクを構築することも大事です。求める情報がなかなか得られないとなれば、ユーザーはサイトから離脱してしまいます。逆に必要な情報はすくに得られつつも、他にも役立つ情報提供があれば滞在時間も長くなります。その結果、サイトへの信頼感も高まるのでランディングページでの購入などにつながりやすくなります。サイト内分析によりユーザーの滞在時間が短いことが分かれば、リンクを再構築する必要があることが分かります。このようにマーケティングとサイトのコンテンツ構築や改善作業などを継続して行うことにより、サイトの売り上げを増やすことも可能となるわけです。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページのCVを高めるために学ぶこと

ランディングページで重要なのは、コンバージョン率であるCVをいかに高めるかということです。つまり、商品の購入や資料請求といったCVにつなげるためには、学ぶべきことが多くあります。そこでランディングペー …

CVが変わるようにランディングページのマークアップを行う

ランディングページは、企業が商品やサービスを消費者に売り込みたい時に活用する事が多いWebメディアです。このランディングページを使って集客を行うには、コンテンツの質を向上させてSEO対策を十分に行うと …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

ランディングページの見積もりの基準を知っておこう

ホームページの執筆を専門の会社に依頼する場合には、そのための見積もりをきちんととってもらわなくてはいけません。見積りは、それぞれのプランによって大きく異なるため、目的に応じた見積りを出してもらうことが …

ホテル業界におけるランディングページの制作方法

様々な商品やサービスがネット上で取り引きできるようになりました。中でもホテル業界は、早い段階でネット上で宿泊予約ができるようになっていましたし、比較サイトも充実していますので、ネット抜きには考えられな …