ランディングページ

ランディングページとマルウェアの危険性について

ランディングページはポータルサイトでキーワード検索をかけた際にヒットしたページから訪問者が最初に訪れるページを指し、トップページとは限らないものです。最初に着地するという意味を持ち通常これを略してLPと表示されることも多いものです。
特徴としては縦長でマウスで上下にスクロールして見るほどに情報量が多いという特徴があります。そしてリンクがなくグラフィックが多用され自己完結型のページになっています。これらの特徴によってコンバージョン率CVの獲得へ結び付くとされています。

ランディングページの構成面では訪問者がスムーズに読めるようにその最初の時点から資料請求や問い合わせ、あるいは商品やサービスの販売に結び付くまでを順序良く組み立てるということが行われています。
もしとっかかりから読み辛いとかとっつきにくいといった要素があると訪問者は他のページへ移って行くものです。従って顧客とつなぎとめるにはLPからの離脱を無くするような技術も必要になって来ます。
これらの要素としてはキャッチコピーやサービス内容の分かりやすい解説、どれぐらい素晴らしいかの利用者の声、購入や導入する方法、よくある質問等による疑問の解決、そして最終目標の購入ボタンの設置などが知られています。
流れとしては興味を持ってもらい、説明を行い、実際の素晴らしい使用感を伝え、そして疑問を解決して安心感を与え、申し込みを行ってもらうという順序に従うようになっています。

情報が多すぎて冗長なランディングページは離脱率を上げるだけになりますので商品やサービスに興味を示した人に対しては簡潔で理解し易く、しかも訴えるように語りかけることが大切とされています。
ランディングページは作ったら終わりではなく分析しながらそれを改善して行くことも売り上げアップにつながります。
キャンペーンとか販売する製品ごとに別々に作られるために効果としては単一の商品やサービスになります。広告を打てば売り上げを上げる可能性も持っています。よってそれぞれの見込み客をランディングページに誘導して売り上げに結び付けることが大切になります。

メールを受け取ったり他のサイトを閲覧することも多いものです。社内や家庭内でネットワークでつながっている場合、あるいは外付けHDD、ソフトのダウンロード時やインストール時にマルウェアに侵入されることがあり、コンピュータの正常な動作を妨げたり利用者に被害を与えることがあります。
これらは営利目的であったりいたずらを目的すする場合があり被害が拡散して行く可能性も高いのでマルウェアは信頼性の高いセキュリティソフトで対策をとることが大切です。

-ランディングページ

関連記事

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …

ランディングページをホームページビルダーで作る事は可能

ビジネスをするときは、クロージングが重要になります。特に、インターネットで行うビジネスは、相手方にこちらの顔が見えないため、文章や画像のみで勝負することになります。いわゆる勝負する場面で内容があまりに …

ランディングページのCVを高めるために学ぶこと

ランディングページで重要なのは、コンバージョン率であるCVをいかに高めるかということです。つまり、商品の購入や資料請求といったCVにつなげるためには、学ぶべきことが多くあります。そこでランディングペー …

ホテル業界におけるランディングページの制作方法

様々な商品やサービスがネット上で取り引きできるようになりました。中でもホテル業界は、早い段階でネット上で宿泊予約ができるようになっていましたし、比較サイトも充実していますので、ネット抜きには考えられな …

マンションに係るランディングページの作成方法

最近では、「ネットで販売できないものはない」と言われるくらい、様々な商品、サービスなどがネット上で取引されています。また、ネットが深く浸透したことにより、ホームページを持たない企業は信頼されないといっ …