ランディングページ

上手いランディングページを真似するメリット

ランディングページは、商品を購入してもらうために作られます。情報を伝えきり、直帰されることを防ぐために、情報量が多く、縦に長い1枚のサイト構成になることが多いです。すでにある程度興味を示している人にたいしてアピールする場合は、通常のサイト構成とおなじく短い作りにすることもあります。ランディングページの目的は、閲覧した人に興味をその場でもってもらうことですから、直帰されないような工夫が必要となります。そのため、まずはきっかけをつくる文章を示します。よくあるのが、こんな悩みはないですか、というように、一般的な悩みに訴え欠ける方法です。そうすると、それについて気になった人は、続きのページも読み進めてくれます。ターゲットが決まってる場合は、大体ターゲットがもつ悩みは一定ですから、効率的に訴え欠けることができます。

ランディングページの導入文は、そもそもそれ以降も見てもらえるかどうかを大きく左右しますので、一般的なサイト以上に重要です。これは、サイト作成者のスキルが求められるところです。ここで躓いてしまった場合は、実際のランディングページの導入文を真似ることも悪くないでしょう。いろいろなサイトを見ると、共通している文章の書き方を知ることができるからです。もちろん、真似をすると言ってもそのままコピーをするのは著作権の侵害ですのでしてはいけません。ここで真似るというのは、文章の運び方などの技術面です。これは、ランディングページでの決まりごとみたいなものなので、たくさん参考にして見れば感覚がつかめてくるでしょう。

通販のホームページ作成とライティング代行会社の利用は、密接です。これは、通販のランディングページを自分で1から作るよりも、ノウハウを持っている制作代行会社を利用した方が効率的に作成をすることができるからです。したがって、実際に多くのホームページが代行によって作られています。もし、短期間で効果を発揮するランディングページを作りたいなら、制作代行会社を利用するのは良い判断です。実績のある会社であれば、これまでに多くの制作にかかわっていますから、データも持っています。データの分析をすることができるのは、それをフィードバックしてサイト作成にすることができる点で有利です。そのため、短期間で効果を発揮するランディングページを作ってもらうことができます。コストがかかる分、効果は期待できます。

-ランディングページ

関連記事

おすすめの本を紹介するランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、集客した見込み客に効率良くアクションを起こさせることが必要です。こういった観点からすればホームページには情報量が多すぎて成約させるといった観点からは、あまりよいコン …

ランディングページをホームページビルダーで作る事は可能

ビジネスをするときは、クロージングが重要になります。特に、インターネットで行うビジネスは、相手方にこちらの顔が見えないため、文章や画像のみで勝負することになります。いわゆる勝負する場面で内容があまりに …

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランデ …

ランディングページを漫画で作成する場合の料金等

ランディングページとは、リスティング広告やホームページのバナーにある広告等をクリックした際に表示されるWEBページのことをいいます。物販等を行う会社を例として考えると、その会社からものを購入しようとし …

人の目に留まるランディングページを漫画で

企業が自社の製品やサービスをアピールする上で、近年多くの企業が取り入れているマーケティング施策がランディングページです。インターネットなどを閲覧する際、サイトをクリックすることで広告が表示されるかと思 …