ランディングページ

成果の出るランディングページの製作には見本を探そう

WEBビジネスを展開する上で、集客したユーザーにアクションを起こさせるランディングページは、最も大切な要素だと言えます。以前は、制作会社に依頼することが必須でしたが、最近ではワードプレスの浸透により、自前で制作する場合も少なくありませんが、しっかりとした構成を考えておかないと全く意味のないものになってしまいます。そもそも、なぜ集客したユーザーをWEBサイトではなく、ランディングページに飛ばすのかを認識する必要があります。商品やサービスを説明するのであれば、WEBサイトで良いのですが、それだとユーザーが本当に欲しい情報だけでなく、様々な情報が盛り込まれていますから、集中力が途切れてしまうといったデメリットが生じてしまうのです。

ホームページの制作には、まず、このことを踏まえてユーザーが真に必要としている情報を提供し、不安を払拭することを念頭に置いておく必要があります。その上で、販売したい商品やサービスが解決策であることを提示しアクションを起こさせる流れを作っていきます。つまり、単なる商品やサービスの紹介ページを作るのではなく、言わば「お悩み相談」に対する回答を示すイメージで、成約までの組み立てをしっかりと作ってしまうのです。さらに、ランディングページに必要なのが外観です。ユーザーが読みやすく、かつ、その商品やサービスを使用するイメージがわくものでなければなりませんから、画像や文字装飾、最近では動画や漫画などを導入しているランディングページも見受けられます。

これだけのことを考えながら、ランディングページを作るとなると、シンプルなページながら初心者においては、相当な時間がかかる上、大いに悩んでしまうことが予想されます。そこで、少しでもこういった負担を軽減するために見本を探して作っていくと、スムーズに作業が進みます。さて、見本の探し方ですが、自分が販売したい商品やサービスと同ジャンルのもので、ヒットしているものを選び出し、その商品やサービスのランディングページを使います。そのランディングページと全く同じ流れの中で、自分が販売したい商品やサービスに置き換えてみるのです。そうすることによって、問題提起や解決策の提示する流れであったり、画像や文字装飾の方法が自ずと身についてきます。最初は、見本を真似ることから始めていき、少しずつ改良を加えていくことで、成約に結びつくオリジナルのランディングページが作れるようになっていくのです。

-ランディングページ

関連記事

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …

ランディングページとマルウェアの危険性について

ランディングページはポータルサイトでキーワード検索をかけた際にヒットしたページから訪問者が最初に訪れるページを指し、トップページとは限らないものです。最初に着地するという意味を持ち通常これを略してLP …

CVが変わるようにランディングページのマークアップを行う

ランディングページは、企業が商品やサービスを消費者に売り込みたい時に活用する事が多いWebメディアです。このランディングページを使って集客を行うには、コンテンツの質を向上させてSEO対策を十分に行うと …

ランディングページのCVを高めるために学ぶこと

ランディングページで重要なのは、コンバージョン率であるCVをいかに高めるかということです。つまり、商品の購入や資料請求といったCVにつなげるためには、学ぶべきことが多くあります。そこでランディングペー …

マッサージクリームのランディングページ

ランディングページの効果を高めるためには訴えかけたいことを簡潔な表現で可視化することが必要となります。可視化する作業は実践するとなると意外に手間がかかります。例えば、商品のコンセプトがクレンジングも可 …