ランディングページ

ランディングページの見積もりをだしてもらう時の注意点

広告を作成してWebサイトに出稿したのに、思うように商品が売れないと首を傾げている経営者もいます。Webサイトに広告を出稿すれば、何もしなくても商品がどんどん売れると思いこんでいる人もいますが、ランディングページに問題があると商品を売っているサイトまでたどり着かないうちに、他のサイトにユーザーが移動してしまいます。
なぜランディングページに問題があると、商品の売り上げに影響が出るかというと、リスティング広告をクリックして最初に移動する場所がランディングページだからです。ランディングページは1ページの中に全てが集約されている縦長のページのことで、会社でいうと会社に入ってすぐの受付にあたる場所といえるでしょう。会社に訪問する時に会社の受付の態度が悪かったり説明がわかりにくいと、その会社に入りたくなくなると同じように、ユーザーが興味を持てないLPだとその場を一刻も早く立ち去りたくなるものです。

ランディングページはユーザーが欲しい情報を素早く見せることができますが、検索キーワードによってユーザーの需要も変わるので、それに応じてLPも変化させる必要があります。1ページという短いページだからこそ、ユーザーが見てもらいたい情報を順序よく見せることができるのもLPの特徴といえるでしょう。LPでは写真やデザインなどの画像を多く使うことがありますが、LPならばSEOを気にすることなく、おしゃれなデザインや写真を掲載することができるので、自分の好きなデザインや写真を思う存分掲載できます。

ランディングページを自分で作成するのは難しいという人もいますが、そういう人は代理店に依頼するといいでしょう。全国には代理店も沢山ありますが、過去の実績が豊富な代理店に依頼するといいでしょう。結果が出るホームページと製作事例などもしっかり確認して選ぶと代理店選びに失敗しません。
ランディングページの作成を依頼する場合は、必ず見積もりをだしてもらうことが大事です。見積もりは1社だけでなく複数社から出してもらうと価格相場がわかるので比較しやすくなります。価格相場よりも極端に安い見積もりをだす所は要注意です。後で高額な追加料金が発生するケースがあります。安いのには何か理由があるので、その理由もしっかり確認することが大事です。理由を聞いても胡麻化してしまう所は、後でトラブルに巻き込まれるかもしれないので気をつけてください。

-ランディングページ

関連記事

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …

人の目に留まるランディングページを漫画で

企業が自社の製品やサービスをアピールする上で、近年多くの企業が取り入れているマーケティング施策がランディングページです。インターネットなどを閲覧する際、サイトをクリックすることで広告が表示されるかと思 …

ランディングページのCV率を高めるにはマーケティングが必要

通販などのサイトにおいて、売り上げを増やすためにはランディングページのCV率、いわゆるコンバージョン率を高める必要があります。例えば健康食品のHPの改善方法として、適切なマーケティングを行うことが必要 …

ランディングページで検索キーワードの情報をまとめる

ひとつの内容に対して解決への糸口がいくつかあり、それに対してのリンクが用意されていると、それを検索しているユーザーにとって、その情報は非常に魅力の高いものだといえます。効果的なランディングページは同じ …

マッサージクリームのランディングページ

ランディングページの効果を高めるためには訴えかけたいことを簡潔な表現で可視化することが必要となります。可視化する作業は実践するとなると意外に手間がかかります。例えば、商品のコンセプトがクレンジングも可 …