ランディングページ

ランディングページのCVを高めるために学ぶこと

ランディングページで重要なのは、コンバージョン率であるCVをいかに高めるかということです。つまり、商品の購入や資料請求といったCVにつなげるためには、学ぶべきことが多くあります。そこでランディングページの改善を望むのであれば、専門業者に依頼するのもひとつの手段と言えます。今話題のHPと費用に関しては多くの業者が参入していることから低下傾向が見られます。けれども継続してメンテナンスを行う必要があるために、毎月利用料金は必要になります。そのスキルを学ぶコストを考えると、決して高いとは言えないものと考えられます。まずランディングページは単体ではそれほどの効果は期待できません。最初にどのような属性のターゲットを集客するのか、しっかりとマーケティングを行うことが必要になります。

またターゲット層を限定することによって、提供するコンテンツの内容も定めることができます。ターゲット層が使用していると考えられるキーワードを使ってSEO対策を行い、サイトの評価そのものを向上させることも大切です。これは優良なユーザーの集客が可能となりますし、ランディングページでのCV率も向上させることができます。また、そのように集客したユーザーがサイト内をどのように閲覧しているのか、その過程を分析することによってサイトがどのように評価されているのかも把握できます。その分析結果を元にして、問題点があれば修正することができます。例えばサイトに訪問してから短時間でランディングページへとたどり着いてしまうとすれば、その過程でのコンテンツが不足していることが分かります。あるいはリンクが適切に張られていないことで、きちんと段階を踏んで情報を得られていないことも判明します。

ランディングページの運用を行うのであれば、これらの知識を得た上でスキル磨きを行う必要があります。マーケティングに関する知識と運用経験、そしてユーザーがどのような課題を抱えているのかを推測することで適切なコンテンツ作成も行えます。その上で、ランディングページを作りCVを高めるためのメンテナンスもできるようになります。業者に依頼すると継続して費用が発生します。そこで運用を任せる間にその技術を習得して、運用を行えるようにすることが大切です。サイト全体の構築やSEO対策、さらにコンテンツを継続的に作成することも可能になります。その結果、サイトでの収益を確保することができるというわけです。

-ランディングページ

関連記事

ランディングページとマルウェアの危険性について

ランディングページはポータルサイトでキーワード検索をかけた際にヒットしたページから訪問者が最初に訪れるページを指し、トップページとは限らないものです。最初に着地するという意味を持ち通常これを略してLP …

ランディングページの見積もりの基準を知っておこう

ホームページの執筆を専門の会社に依頼する場合には、そのための見積もりをきちんととってもらわなくてはいけません。見積りは、それぞれのプランによって大きく異なるため、目的に応じた見積りを出してもらうことが …

人の目に留まるランディングページを漫画で

企業が自社の製品やサービスをアピールする上で、近年多くの企業が取り入れているマーケティング施策がランディングページです。インターネットなどを閲覧する際、サイトをクリックすることで広告が表示されるかと思 …

CVが変わるようにランディングページのマークアップを行う

ランディングページは、企業が商品やサービスを消費者に売り込みたい時に活用する事が多いWebメディアです。このランディングページを使って集客を行うには、コンテンツの質を向上させてSEO対策を十分に行うと …

法律事務所のランディングページを製作する場合の注意点

通販に限らず、様々な商品やサービスがネット上で取引されるようになっており、今やリアルビジネスであってもネットを抜きにして集客することは考えられなくなりました。したがって、ホームページは当然として、ラン …